黒あざ

 

 

色素性母斑 

黒あざのほとんどは色素性母斑と呼ばれるものです。黒色~茶色をしていることが多く、平坦のものもあれば、盛り上がりのあるもの、毛がはえているものなど、さまざまです。
 
小さなものは一般的にホクロと呼ばれています。
小さなものも、大きなものも、母斑細胞の集まりであり、別名を母斑細胞性母斑ともいいます。
 

 

治療はレーザーを使用した治療や、手術による摘出などを考慮します。

 
これらのあざは、徐々にうすくなる傾向はなく
成長ともに濃くなる傾向があります。
成長に合わせてあざの大きさも成長します。
 
なかには放置しては危険なあざも、混じっているために専門医による診察が望ましいです。
 
 
レーザー前
レーザー後翌日
レーザー後1か月

レーザー治療例

手術摘出例

手術前

術後翌日

術後2カ月

一宮・岐阜・名古屋 こどものあざに強い

服部形成外科クリニック(移転のお知らせ)

〒491-0858

 

愛知県一宮市

栄3丁目2番17号 

一宮駅東口ビル5階

 

 

  0586
 73-7788
おしえて
レーザー
Q&A